カーリース

知っておきたい!カーリースって何?

カーリースって何

皆さんは「カーリース」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。「カーリースって何?」と思わず聞き返す方も多いかもしれませんね。

 

 

カーリースというのは自動車の名義は保険会社ですが、ほぼ自分の所有車のように自動車を長期間にわたり利用することが出来るシステムです。

 

では自家用車を購入、保有することと、カーリースとはどこが違うのでしょう。

 

例えばリース期間が3年とした場合、保険や税金などの手数料を加えた金額から、3年後の残価(下取り予定額)を引いたものを3年間毎月リース代を支払うと考えてもらえると良いでしょう。あらかじめ残価を差し引いているので、毎月の支払い金額はその分お安くつきます。

 

しかも毎年の面倒な自動車税や自賠責保険の支払いもありません。ただし3年間リース代を払い続けても当然自分の所有車にはならないことも認識しておきましょう。それでもリースという手軽さから、今後もカーリースの需要は高まって行きそうですね。

車検や自動車税を払いたくないならカーリースがお得です!

オリックス自動車のカーリースいまのりくん

オリックス自動車

カーリースに興味のある方には、一度オリックス自動車の「いまのりくん」をお考えになっていただきたいですね。

 

オリックス自動車のいまのりくんは「車は乗る分だけ買う」という独自の理念から、ライフスタイルの多様化に応じたカーライフを提案してくれているのです。

 

いまのりくんの契約期間は5年となっています。ただし2年が経過すれば、いつでも返却可能です。2〜5年で車を頻繁に乗り換えたいという方にはとても重宝ですね。

 

当然月々のリース代には、自動車税、自賠責保険、車検、半年毎のオイル交換代なども含まれるので「面倒な手続きは嫌だ!」という方には最適です。まオリックスのレンタカーを、通常の半額で利用出来るという特典があるのも嬉しいですね。

 

⇒オリックス自動車のカーリース

住友三井オートサービスのCarsma

住友三井オートサービス株式会社

住友三井オートサービスがお届けするカーリースには、「Carsma」があります。CarsmaにはCarsma5、Carsma7そしてCarsma Cと様々なニーズに対応するサービスがラインナップされています。

 

まずCarsma5ではリース期間終了後に残価を支払えば、車を買い取ることが可能です。もっと長く乗りたいという方は、Carsma7がお勧めです。7年間のリース期間が終わると、晴れて車を主有することが出来ます。

 

最後にCarsma Cでは契約期間を3,4,5年のうちから選ぶことが出来ます。もちろん全て途中での返却が可能です。都合良く車を乗り換えたいと当初は考えても、いつか情が移るものです。

 

そんな方には臨機応変に対応してくれるCarsmaがお得ですね。

 

⇒住友三井オートサービスのカーリース

日本カーソリューションズのリースDeマイカー

日本カーソリューションズ株式会社

日本カーソリューションズが提供する個人向けカーリース(オートリース)には、「リースDeマイカー」という注目のサービスが存在します。

 

このカーリースの特徴は、何といってもリーズナブルなことですね。日本カーソリューションズ(NCS)では毎年新車を大量に購入しているので、その分コストダウンとなり、お客さんにお安くサービスを提供出来るのです。

 

あらかじめ車両本体価格に対しての大幅な値引きと、リース終了時の車両予想売却額を差し引いた後の価格がリースの対象となるので、毎月の支払いがお安くなるのも納得出来ますね。

 

さらに1年間、1事故に限りNCSが修理費を最大10万円まで保証してくれる「ミスルくん保障」などの付帯サービスもまた魅力です。

 

⇒日本カーソリューションズのカーリース

カーリースのメリットは意外に多い!

カーリース,メリット

カーリースを行ううえでのメリットとはいったいなんでしょう。「お金を一定期間払い続けているのに、結局自分のものにならないなんて馬鹿らしい!」なんて感じる方も少なくないでしょうね。

 

でも実はカーリースには、自動車を購入するよりもお得なことが結構たくさんあるんです。

 

まずカーリースのメリットとしては、毎月のリース代を払っていれば、自動車税や自動車保険、または車検などの費用をいちいち考えなくていいということが挙げられます。

 

実際にはこれらの費用は、リース代に含まれているのですが、「あー、今月車検なんだよなあ・・」というような、まとまったお金の工面をしなくていいだけでもずいぶん気持ちが楽になるはずですよね。

 

それと洋服を変えるように、頻繁に車も乗り換えたいという方にもお勧めです。2年、3年乗ればまた違う車!というようにその時々の気分や年齢、生活環境に応じた車の選択がしやすいという点でもカーリースはとても都合が良いですね。

知っておこう、カーリースのデメリット!

カーリース,デメリット

カーリースには当然のごとくそれなりのデメリットも発生するので、しっかり把握しておきましょう。

 

まずは一定期間お金を払い続けているにもかかわらず、自動車ローンのように最終的に車が自分のものにならないというデメリットがあります。

 

カーリースの場合はあくまでもリース代、つまりレンタル料みたいなものなので、いくらお金を払い続けても車は所有物にはなりません。

 

次に、自分なりのドレスアップやチューンナップが出来ません。人から借りているものを、勝手に改造するわけには行かないですよね。そして毎月のリース代ですが、諸経費が乗っているため割高になってしまいます。このあたりがカーリースのデメリットでしょうか。

 

しかし、ローンで仮に車が自分のものになっても、返済時には車も型落ちで値打ちが下がっていますし、ドレスアップについても、リース時のオプションである程度自分好みの車に仕上げることは可能です。

 

そう考えると一概にデメリットとも言えませんね。

意外と知らないカーリースとレンタカーの違い!

カーリースとレンタカーの違い

カーリースとレンタカーの違いについて皆さんは正確に理解されているでしょうか。

 

どちらも「リース」、「レンタル」という貸す、借りるというニュアンスを含んでいるキーワードを持っているので、同じように考えている人もいるかもしれませんね。しかしこの両者はまるで違うのです。

 

レンタカーというのは簡単にいうと、不特定多数の方に短期間貸し出す車のサービスのことをいいます。例えば「今度の週末、友達同士でスキーに行くからワゴン車が必要!」あるいは、「引越しを自分でしたいので軽トラックを借りたい・・」といったニーズに答えるのがレンタカーです。

 

これに対してカーリースというのは、特定の人物に長期間使用してもらうのが目的のサービスなのです。例えば単身赴任で見知らぬ土地に来たとします。赴任期間は3年なので、3年間だけ車を保有して、帰る時は処分したいという方には最適でしょう。

 

この他にも短期間で車を乗り換えたい人や、保険や車検の手間が面倒だという方にもニーズがありそうですね。